およぐさかな

ブログ名の由来は特にありません

近況報告 育休期間に入りました

やっと地獄から解放された。10月の終わり頃に育休を取得する旨を上司に告げてから、今日、この時まで、本当に長かった。大げさでなく、地獄のような日々だった。多分、職場の人間がこれを見たら、自業自得とか言い出すのが容易に想像できる。
色々なこと(気力があるときに書ければ書きたい)があって、おかしな話だけど、もう、私には、この12月はやって来ないのではないかと、ほとんど諦めかけていた。
でも、時間というのは、自分の身に何が起きようが、それとは関係なく進んでいくみたいなので、無事に(?)育休期間に突入したことになる。
今日は、記念すべき、その1日目。半年間の休業を予定しているので、180連休の1日目になる。たくさん育児をして、それと同じくらいゆっくりして、好きなことも少しくらいできれば良いなと思っている。
実は、まだ、信じられない。夜明け前が一番暗いとは言うが、実際に、このひと月はとんでもなく真っ暗だった。他人の嫌な部分も、自分の嫌な部分も、うんざりするほど味わった。自分はなんてダメな人間だろうと、何度も思ったりした。もとい、冷静になった今、思い返すと、思わされた、という方が正確なのかもしれない。
時には、周りが暗すぎて、自分の身に何が起きているのか、分からなくなる時さえあった。でも、それが、日を、たった1日跨ぐだけで、簡単に、眩しいくらいに明るくなってしまうのだから、自分の見ていた日常というのは、世界というのは、とても小さな範囲だったのだと思い知らされる。
仕事上の様々なことで占拠されていた頭の中の大半の部分が、すっかり解放されて、様々なことを考える余裕ができたのを実感している。頭が、鉛から発泡スチロールにでもなったように軽くなった感じだ。なんでも考えることが出来そうな、全能感すら覚える。
でも、今は、雑多なことをあれこれ考えるよりも、休みに入った喜びをしっかり味わいたいし、妻と子供と一緒に居られる幸せを噛みしめていたい。
その内、余裕が出てきたら、今後のことも色々考えておきたいな、と思う。
苦難の上に勝ち取ったベーシックインカムで、心身にどのような変化が起こるのかも、興味があるので、そう言った点も注視していければと思っている。
以上、近況報告でした。