Uber Eatsの配達用バッグを返却した




Uber Eatsの配達パートナーを登録したのが去年(2018年)の8月。それから数か月デリバリーをして家計の足しにしていましたが、最近忙しくなってきたので配達する暇がなくなりました。恐らくこの先、配達することはなくなりそうなのでバッグを返却しようと思います。

返却しないという選択肢はない

f:id:yota-sakana:20190327223231j:plainこのバッグです。大きい。そして蛍光色が眩しい。

保温・保冷の機能があるみたいなので、暑い時期はクーラーボックスとして、寒い時期は保温バッグとしても使えそうですが、如何せん見た目が…。

しかも、返却すればデポジットとして報酬から天引きされた8000円を返してくれるというので、これはもう、家に置いておく理由が見当たりませんね。

ということで、秋葉原にあるパートナーセンターまでママチャリをかっ飛ばしました。

道中、パートナー登録をするために同じ道を同じ自転車で走ったことを思い出し、なんだか感慨深くなります。

パートナーセンターでの流れ

パートナーセンターに着くと待合室に4~5人ほどが待機。皆さんパートナー登録するのでしょう。

「時間かかりそうかな」なんて思っていたら奥からスタッフがやってきて、優先的?に対応してくれました。まあ、バッグを返しに来ただけですからね。

 

返却の流れとしては

・バッグの返却希望をスタッフに伝える

・電話番号を聞かれる

・スタッフが照合

・少し(数分)待機

・バッグを手渡す(返却)

 

これで終わりです。デポジットの8000円は、配達報酬と同じスケジュールで登録口座に振り込まれるとのこと。

事前の予約や連絡は必要なし

ちなみに、パートナーセンターへの事前予約や連絡は必要ありませんでした。好きな時(パートナーセンターの営業時間内)に行って、数分~十数分で返却手続きが終了すると思います(場所によってはこの限りではないかもしれません)。

とりあえず、バッグの置き場所になっていた玄関がスッキリしました。断捨離できて、さらにお金も戻ってくるので気分が良いですね。

 

サーモス ソフトクーラー 15L ブルー REF-015 BL

サーモス ソフトクーラー 15L ブルー REF-015 BL

  • 発売日: 2016/02/21
  • メディア: ホーム&キッチン