およぐさかな

ただの備忘録です

今さらNDフィルターの存在を知って衝撃を受けたというメモ




カメラや写真に興味を持つようになってから多分4~5年は経っているのではないかと思う。

最初はハードオフにてジャンクのIxydigital400を購入したところから始まった。確か300円くらいだったと思う。Ixydigital400は結局、持病のセンサー不良を持った個体だったが、色の破綻を気にせず、むしろそれを味だと楽しみ大量の写真を撮りためた。

その後、妻にトイデジのBonzart Lit+(現在不動)をプレゼントしてもらい、さらにフィルムカメラに手を出していった。

フィルムは最初、これまたハードオフのジャンクコーナーでPENTAX ESPIO120SWⅡを購入。すぐに友人から結婚祝いとしてNikon FM10をいただいた。現在、FM10はミラーずれを患っている。

その後もコンパクトや一眼レフなど様々なフィルムカメラを購入しては写真ライフを楽しんだ。デジタルではGRⅡを所持している(家計からローンをして購入。まだ返済は終わっていない)。

私は飽きっぽい体質なので趣味もほとんど無いのだが、カメラと写真だけは長く続いていて熱も冷めていない方だと思う。知識量としては上を見ればキリがないが、全くの無知から始めたのでそこから比べるといくらかはついたと自負している。

しかし本日、衝撃的なことを知り得た。それがNDフィルターの存在だ。カメラ・写真を趣味にしている人なら「何を今さら」と思うかもしれない。確かに今日その存在を知ったときには自分でも「なぜこれを今まで知らなかったんだろう」と思ってしまった。

NDフィルターの存在を知るきっかけとしては、最近、オールドレンズに興味が出てきたことが関係している(もしかしたらオールドレンズも人によっては「いまさら」と思うかもしれない)。そして私は今、オールドレンズ中でもヘリオスを狂おしいほど欲している。あのグルグルで色んなものを撮りたい…

Helios44-2が欲しい。アダプターをかませてデジタルボディに装着するのではなく(そもそもデジタル一眼レフを持っていない)、M42マウントのボディで楽しみたい。

M42のボディと言えばPENTAX SP(自分で勝手にそう思っている)。ということでSPが欲しい!でもSPはSSが1/1000まで。Helios44-2は開放がF2。開放付近で撮らなければグルグルが出ない…。でも快晴時に開放で撮ったらオーバーになってしまうんじゃないの?と思って「どうすれば~」となっていた。

これ多分、自分以外にも悩んでいる人多いのではないの?特にフィルム始めたての初心者とか。

ということで、1/2000とか1/4000とかを搭載しているボディにしなければダメなのかな~とか思っていたんだけど、今日別件でYouTube見てたらたまたま「NDフィルター」という単語が耳に入ってきて、しかもそれが露出の話題から出てきた単語だったので急いでググったらハンマーで頭を思い切り殴られました。は?コレじゃん。

無知というのは本当に損をする。まだまだ勉強不足だと痛感した出来事だった。自身の知識量に決して満足していた訳ではないけれど、これからも楽しみながら知識を付けていきたいと思った次第だ。

とは言っても写真は撮ってなんぼ。トライ&エラーを繰り返してなんぼだとも思っている。頭でっかちにならないようにバランス良く楽しんでいきたい。

というメモでした。

おしまい