およぐさかな

ただの備忘録です

ここは私のブログだ




自宅から外に出るのが恐ろしい。他人が怖い。人の業に吐き気がする。それが故意であれ過失であれ、善かれと思っているにしろ、関わり合いたくない。すれ違いたくもないものだ。

しかし、街というものはどうしても他人同士が顔を合わせる。店に入ればスタッフと会話をし、隣のテーブルには知らない人間が座る。電車には知らない者同士が大勢並び、一斉に何処かに運ばれて行く。

生活をするためには最低限外に出なくてはならない。仕事に行くにも、食材を買うにも、ネットで商品を注文をしようが宅配員は玄関先までやってくる。恐怖でしかない。

妻や家族以外の誰とも関わらなくて良くなればどれほど生きやすいだろう。

顔見知りから全くの他人まで、それらの人間の悪意にさらされることがなくなれば、どれほど世界が輝くだろうか。

心から安心できる場所は自宅以外にない。居場所を他に作ろうとは思わないし、作れるとも思えない。なんとか笑顔を作ってやり過ごすことで精一杯だ。でもそれでいい。無理に作る必要なんかない。

自宅で妻に心を開いて話しかけるように、このブログも自分の思うままに言葉を紡いでいけたらいいなと思う。今までも好き勝手に書いているつもりだったが、どこかに読む人の存在を意識して、そしてそればかりに囚われてしまっていた気がする。

でも、これからは自分の為にブログを書いていきたいと思う。自宅のソファでくつろぐように、自分の言葉を自由に紡ぎたい。

ここは私のブログだ。ここは私の場所だ。