およぐさかな

ただの備忘録です

トーマスチューイングキャンディの魅力に本気で迫る




スーパーで買い物をしていてレジに並ぶと、いつも決まって目に付く位置にそれがあるんです。

ずーっと気になっていました。

でもね、いつも「買うまい!」と思って心を鬼にして、会計を済ませて足早に逃げるように帰ってたんです。

でも今回は、その訴える様な眼差しに、遂に負けてしまいました。買ってしまいました。

f:id:yota-sakana:20161028021949j:plain

トーマスチューイングキャンディ。

 

はい。

 

何故か、何故か分からないけどものすごく魅力的に感じるんです。

トーマスは昔、大好きだったし(今は普通だけど)、チューイングキャンディ的なお菓子も大好きです。でもそれだけで、そんなにも魅力を感じるのでしょうか。自分自身でとても疑問です。

なので今回は、そんなトーマスのチューイングキャンディの魅力に、全力で迫ろうと思います。見ていてください。

 

 

のっけから最高かよ

f:id:yota-sakana:20161028022001j:plain

f:id:yota-sakana:20161028022016j:plain

もう開けた瞬間最高じゃないですか。なにこれ。めちゃくちゃ可愛いじゃないですか。なんなんですか。

ていうか、ハイチュウみたいな四角いキャンディが何個か入っているのかと思いきや、こういう、いわゆるスティックガムみたいなタイプなんですね。ちょっと意外でした。

しかし、カラフルで可愛い。見ていて飽きません。もしかしたら私は、この最高な中身を、外側のパッケージから潜在的に見抜いて、それで魅力を感じていたのかもしれません。

 

ハイチュウみたいな味

f:id:yota-sakana:20161028022006j:plain

とりあえず食べてみようということで、口に入れるとちょっと硬い。でも噛んでいる内に柔らかくなって、まとまってきて、ハイチュウみたい。味もハイチュウみたい。ハイチュウだこれ。グレープ味です。え、美味しい。

なんだか食べていて懐かしい気持ちになりました。もしかしたら子供の頃、食べていたのかもしれません。全く同じ商品ではないかもしれませんが、似たようなものを。

本当に食べていたかは覚えていないので分かりませんが、食べていたとすればそれで、潜在的にこのトーマスチューイングキャンディに魅力を感じずにはいられなかったのかもしれません。

 

なにこれ

f:id:yota-sakana:20161028022010j:plain

シール?こんな最高なものまで入っていて、どこまで最高なんですか、このチューイングキャンディは。

でもなんか普通のシールじゃないですね。これ。と、思って困惑していると嫁が「これ知ってる」。マジすか。

嫁さん曰く、「めっちゃ懐かしい、子供の頃よくこのシールを貼って遊んでいた」とのことです。これは助かりました。私一人ではこの特殊なタイプのシールを持て余して、最悪の結果になるのは目に見えていましたから。

もしかしたらこのシールの遊び方を嫁が知っているのを私は潜在的に見抜いて、どうしようもない魅力を私は嫁に感じていたのかもしれません。

 

そしたらシール貼ってみよう

f:id:yota-sakana:20161028022025j:plain

このチェキのアルバム(百円ショップで買った)にシールを貼っていきたいと思います。

先ず、シールの裏紙をはがします。

f:id:yota-sakana:20161028022029j:plain

これが結構大変でした。全然はがれないんです。私一人だったら腹を立てて完全に捨ててました。

で、はがしたら貼りたいところにシールをセットして上からこすります。

f:id:yota-sakana:20161028022034j:plain

鉛筆の裏側、丸くなっている部分で、これでもかというくらいに擦りつけます。

途中、アルバムにシールがくっついているか確認しながらの作業です。

くっついたらシールの表面に貼ってある透明のセロファンをはがします。

f:id:yota-sakana:20161028022039j:plain

そーっとね。ここで焦ると、セロファンにシールの絵柄部分がくっついて取れてしまうので焦らないで。

セロファンを全て綺麗にはがしたら完成です。

f:id:yota-sakana:20161028022043j:plain

あ、ちょっと可愛いw

よくできましたw

このアルバムは表面がザラザラしていたのでシールを貼り付けるのが少し難しかったです。つるつるしたところのほうがはりやすいと説明書きにも記載されてますね。

でも、貼りたい場所が必ずしもつるつるしているとは限らないので、ザラザラな場所にもどんどんトライしてみてください。

もしかしたら、このシールをチェキのアルバムに貼ったときのことを私は潜在的に想像しt

 

安いので気になる方は買ってみては

50円くらいでしたよ。なぜ私は今までそんなに悩んで、そして買わなかったのでしょう。

童心に返れた様な気がして、それでいてなんだか新鮮な、とても楽しいお菓子でした。50円でこんなにも楽しめるんだから大したものです。

買ってよかったと思えるお菓子のひとつになりました。

トーマスチューイングキャンディ、最高に魅力的です。