およぐさかな

ただの備忘録です

『EIGHT DAYS A WEEK』 を観よう!




突然ですが、私は音楽が嫌いでした。

中学生になるまではなぜ皆が音楽を聴いたり、人気歌手の話題で盛り上がったりしているのかが不思議でしょうがなかったんです。

音楽を聴いて何になるの?無駄な時間じゃない?と言うような感じで、音楽鑑賞自体を完全に否定。

歌を歌うことも好きではなく、特に人前で歌うのは嫌いでした。

なので音楽の授業は大嫌いでした。

しかし、あることがきっかけで音楽が大好きになります。

 

 

Beatlesとの出会い

ハッチポッチステーションって知ってます?

NHKで放送されてた(今もやっているのかな?)子供向け番組です。

その番組内で、グッチ裕三さんがビートルズの格好をして、替え歌を歌うというコーナーがありました。

今調べたら「ビールトス」という名前らしいですw最高www

中学時代にこれを見たときに何故かビートルズの音楽をとても聴いてみたくなりました。

それで、CDレンタルショップでビートルズのベストアルバム、通称「赤盤」を借りるのです。

ビールトス、気になった方はYouTubeで是非ご覧ください。

 

ファーストインプレッション(第一印象)

今でも覚えています。

衝撃でした。体に電撃が走って、目の前に宇宙が広がって、その中でその音楽を聴いているような、そんな感覚でした。

それまでにも友達に付き合って、しかたなくその頃の流行りの曲なんかをレンタルして聴いていましたが、何が良いのか分からず、それ以降それらを聴くことはありませんでした。

しかしビートルズは別格で、その日一日中ずーっと頭から離れなかったのを覚えています。

「なんなんだこれは、これが音楽なのか」と。

一気に目が覚めたような感覚を覚えています。

 

とにかく聴いた中学時代

それからはビートルズの他のアルバムをどんどん借りて、どんどん聴いて、そしてさらに好きになっていきます。

学校に行っても考えているのはビートルズのこと。

友人の一人がビートルズを好きだというのを知り、その友達ととても仲良くなりました。

休み時間はずっとビートルズの話をして、曲名を交互に一冊のノートに書いていくゲームを良くやっていました。

寝る前にはラジカセで、カセットテープが擦り切れるほど聴きました。

 

演奏する喜び

聴いている内に、ビートルズの曲を自分で演奏してみたくなり、ギターも買ってもらいました。

一日で挫折しましたがw

大学生になって、バンドを組みたくて軽音サークルに所属しました。

大学を辞めてからもしばらくバンド活動をしていました。

一応ギターボーカルを担当していたんですよ。

ライブをしたりして、とても楽しかった思い出ですね。

 

私のベストソング2曲

ビートルズが居なかったら私はこんなにも音楽を聴いたり、演奏したりしていなかったで

しょう。

きっかけはグッチ裕三さんのビールトスですがw

グッチ裕三さん、天才ですw

選ぶのはとても難しいのですが、私が個人的に好きな曲はI'm Only Sleepingと、No Replyです。

その時々によって、好きな曲が変わるのですが、常に外せないのはこの2曲ですね。

 

 

結論

とにかく、何が言いたいかって、ビートルズは素晴らしいということと、

今上映中の映画

『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK』

を早く観たいということ。

そう、これに尽きます。

私には妹が一人居るのですが、妹もやはりビートルズが好きで、今日LINEで確認をしたところ、もう『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK』を観たそうです。

くそ!羨ましい!

嫁さんと観に行ってきます!

thebeatles-eightdaysaweek.jp

音楽の歴史を作り、音楽をこれまでにない芸術のスタイルへと変貌させたビートルズ。
アーティストとして進化し、完全な自己改革への道を選んだ4人の若者の、壮大な旅の始まりから、なぜ壮大な旅になったのかを、彼らと一緒に体感してほしい。

引用元 : 映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』公式サイト