およぐさかな

ただの備忘録です

125㏄のバイクを乗れる日が来たら




この写真は高校生の頃の私です。

f:id:yota-sakana:20160929020940j:image

 

先日、普通自動車免許で125ccのバイクに乗れるようになる日が来るかもしれないと言う記事をネットで見かけました。

現在、普通自動車免許で乗れるのは50cc未満の一般的に言う、いわゆる原付ですね。

もしもこれから普通自動車免許で125ccが乗れる様になったらかなり便利ですよ。

あまり興味のない人には、なぜそんなに便利なのか分かりませんよね。

125ccバイクはなぜ便利なのか。

 

 

50㏄は便利じゃないの?

50ccの原付も便利なんです。

50ccは免許も筆記試験に合格すれば1日で取得可能だし、全部で8000円弱で取れちゃいます。

近所をチョイ乗りするくらいだったら50ccの原付はかなり手軽な乗り物です。

 

125㏄の免許取得は簡単ではないの?

それに比べ、現在、125ccバイクを運転出来る小型自動二輪の免許は、普通自動車免許を持っている人が追加で取った場合でも7万円くらいかかります。

また、免許を取得するのに最短でも3、4日かかります。

これは50ccと違って、教習所に通って技能教習や検定を受ける必要があるためです。

 

そしたら50ccのが良くない?

と、思うじゃないですか。

実はそうでもないんです。

確かに用途によっては50ccもかなり便利なのですが、弱みとして、速度制限があります。

もちろん125ccにも速度制限はあります。

ただ、50ccの場合はかなり厳しくて、時速30kmまでと決まっています。

これは道路ごとの速度制限の表示に関係なく時速30kmまでなんです(逆に道路の速度規制が30㎞未満の場合はそちらに従わなくてはなりません)。

時速30kmの遅さで幹線道路を走るのを想像してみてください。

かなり怖いですよね。

かと言って、時速30kmを超えて走ろうものならすぐに警察の方々に止められてしまいます。

私は50㏄に乗っていて、この速度超過で何回捕まったか分かりません。

高校生の頃に原付の免許を取得して、程なくして免許取消の処分を受けました。

決して派手な乗り方をしていた訳ではありません。

速度超過で何回も捕まった結果が、免許取消の処分というところです。

大きな通りを時速30㎞で走るのなんてハッキリ言って無理ですよ。

なので、50㏄はチョイ乗り以外の用途にはあまり向きません。

 

その点125㏄は、と言うと

125㏄は時速30㎞の速度制限がありません。

なので、その道路の速度制限までで走ることが出来ます。

つまり他の車の流れに乗って走ることが出来るということです。

これはかなり大きなポイントですよ。

しかも50㏄では出来ない「二人乗り」も出来ます。

嫁と出掛けたりする時にかなり重宝しそう。

ね、これだけでも125㏄ってかなり魅力的ですよね。

 

維持費も安い

50㏄は維持費が安いというのが強みなんです。

実は我が家も50㏄の原付を一台所有しているのですが、保険料は自賠責、任意を合わせて年で25,000円いかないくらいです。

月に換算すると2,000円くらいですね。

車と違って車検も無いので、他にお金がかかるとしたらガソリン代くらい。

で、125㏄はと言うと、実は50㏄と同じくらいなんです。

もちろん車検もありません。

段々125㏄バイクが欲しくなってきたんじゃないですか?w

 

実際、普通自動車免許で125㏄を乗れる日が来るかは微妙

ここまで語っておいてなんですが、実際に125㏄を自動車免許で乗れる日が来るかは微妙です

ただ、若者たちの「バイク離れ」を理由に全国オートバイ協同組合連合会や、日本自動車工業会などが「125㏄の免許取得を簡単にする」というのを国に要望しているのは間違いないみたいです。

間違いないのですが、「125㏄の免許取得を簡単にする」というのは、法律も変えなくてはいけなかったりということもあって、まだまだ時間がかかりそうです

 

この記事を書いていて

125㏄バイクが物凄く欲しくなってきましたw

私は現在、普通自動車免許しか持っていません。

いつになるか分からない125㏄免許取得の簡便化を待っているより、普通に125㏄免許を取りに行っちゃった方が早いし楽しそうです。

免許取得費用の7万円だって、便利で楽しい生活が手に入ると思えば決して高い金額ではありませんし、取得までの3、4日も決して長い時間ではありません。

バイク自体も中古で探せば安く手に入るだろうし。

ちょっと本気で125㏄ライフを考えてみようかしら。