およぐさかな

ただの備忘録です

まだスマホで写真撮ってるの?Bonzart lit+楽しいよ!




こんにちは。

皆様、トイカメラってご存知でしょうか。

ちょっと前に一部のカメラ好きの間で流行りました。

代表的なトイカメラに、「ホルガ」「ロモ」があります。これはカメラの名前ですね。

この「ホルガ」「ロモ」はフィルムカメラなんですが、今日私が紹介しようと思っているbonzart lit+デジタルトイカメラなんです。

 

 

そもそもトイカメラってなに?

簡単に言っちゃうと、チープなカメラってことです。

レンズなどがプラスチックだったり、他の部品も安価な素材を使っていたりするので、本来であれば「失敗」と呼ばれるような写真が撮れたりします。

トイカメラファンにはそこがたまらないんですが。

カメラや写真に関してそこまで詳しくはないのですが、私もその「写り」に魅せられました。

 

Bonzart lit+って?

f:id:yota-sakana:20160926002257j:plain

こんな感じの小さなデジタルトイカメラです。

小さくて可愛いですよね。

ポケットにすっぽり入るので持ち運びにも便利です。

トイカメラには珍しく、背面に液晶が付いています。

f:id:yota-sakana:20160926002426j:plain

この液晶で撮った写真を確認したり、各設定が出来たりします。

値段はAmazonや楽天なんかで4~5,000円くらいです。

私はビレッジバンガードで購入したのですが、大体4,000円くらいでした。

カラーバリエーションとしてはブラックレッドスカイブルーピンクの4種類です。

item.rakuten.co.jp

 

どんな写真が撮れるの?

一番気になるところだと思います。

こんな感じです。

f:id:yota-sakana:20160926004109j:plain

f:id:yota-sakana:20160926004207j:plain

f:id:yota-sakana:20160926004327j:plain

f:id:yota-sakana:20160926004400j:plain

f:id:yota-sakana:20160926004450j:plain

f:id:yota-sakana:20160926004534j:plain

f:id:yota-sakana:20160926004728j:plain

どうです?これ無加工ですよ?

めちゃくちゃ個性的な写りじゃないですか?

 

機能的には?

小さくて可愛いやつなんですが、侮れないんです。

ホワイトバランスや、露出カラーモードなんかも設定出来るんです。

ホワイトバランスというのは簡単に言うと、撮影状況による光の種類を決める機能でしょうか。

f:id:yota-sakana:20160926002757j:plain

ホワイトバランスの種類はオート晴天曇天蛍光灯白熱灯5種類です。

 

露出は光を取り込む量を決める機能です。

f:id:yota-sakana:20160926002759j:plain

±2.0まで設定出来ます。

 

カラーモードはそのままですね。

f:id:yota-sakana:20160926002801j:plain

カラータイプはノーマルvivid白黒セピアネガグリーン8タイプです。

個人的にはvividが一番お気に入りです。

 

これらは普通のデジカメにも付いている機能なんです(もっと高精度ですが)。

あと、動画も撮れるんです。

この動画が、とても良い味を出しているんですよ。

まるで8ミリビデオで撮ったような。

 

記録メディアはmicro SDです。

電源はUSB充電です。

f:id:yota-sakana:20160926002802j:plain

 

気になるところ

使っていて気になるところは電源が入るまでの時間でしょうか。

電源ボタンを押してから電源がONになるまでに、およそ5秒くらいかかります。

いつもスマホで写真を撮っている方はかなり遅く感じるかと思います。

「あ、撮りたい」と思った瞬間は撮れないと思った方が良いですw

ゆっくりとゆるーく写真を撮る感じでしょうか。

慣れてくるとそこがまた良い味なんです。

もう一点は、電源が充電式ということです。

乾電池だと出先で電池切れになった時なんかコンビニで簡単に購入出来るのですが、充電式となるとそうはいきません。

ただ、今は、スマホに使うモバイルバッテリーなんかが出ていますのでそれを使うのも良いと思います。

ちなみに私はBonzart lit+を一日持ち歩いて、電池が足りないと思ったことはありません

撮る枚数にもよるでしょうが。

そして、背面に付いている液晶が小さいというのも少し気になる点ですね。

各設定をする上では不自由はしないのですが、撮った写真が綺麗に撮れているかの確認は難しいと思った方が良いです。

構図の確認程度ですね。

家に帰って、パソコンなんかで見るまでのお楽しみと言えばワクワクしますね。

 

まとめ

小さくて持ち運びに便利だし、超個性的な写真が撮れるのですごく気に入っているカメラのひとつです。

実はこのカメラ、嫁さんに誕生日プレゼントで買ってもらったというのもあって、かなり思い入れが強いのです。

最近は写真を撮ることも少なくなってきたのでこのBonzart lit+の出番もめっきり減っていたのですが、今回の記事を書いて、また撮りたくなってきました。

いつもスマホで写真を撮っている方も、たまにはちょっと変な写りのするトイデジカメで撮るのも楽しいですよ。

お子様のプレゼント用として購入する方も多いようですね。

とても喜ばれそうです。

この機会にトイカメラデビュー、してみてはいかがでしょうか。